BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

ジャパンネット銀行杯

6/
2
3
4
5
6
7
8

各日程の展望

森高がイン速攻で当地2連続Vを飾る。赤坂、三角らが追う

森高は準優11R、コンマ06のトップSで逃げ快勝し絶好枠を勝ち取った。その準優を含め今節はインで4戦4勝。最後もインから一気に逃げてGWシリーズに続き、地元2連続Vを決める。赤坂、ベテラン三角や好ムードの吉村、中村も注。

12Rの出走メンバー

森高  一真
4030 森高  一真 (香 川)
赤坂  俊輔
4174 赤坂  俊輔 (長 崎)
渡部   悟
4572 渡部   悟 (大 阪)
三角  哲男
3256 三角  哲男 (東 京)
吉村   誠
4581 吉村   誠 (静 岡)
中村  辰也
4523 中村  辰也 (長 崎)

総展望

GWシリーズを制したばかりの地元・森高が主役!三角、佐々木も当地2連続Vを狙っての参戦だ

ボートレースまるがめの「ジャパンネット銀行杯」は2日から8日まで7日間シリーズで行われる。SGV1、G1V3の実績を誇る地元の森高一真(香川)が文句なしの主役だ。現在A2級ながら新勝率7.01を稼いで7月からA1へ復帰。今年3月のびわこG2秩父宮妃記念杯から6場所連続で優出し、その内、尼崎とまるがめGWシリーズで2連続優勝を飾るなど勢いは抜群。当地2連続Vへ向かって一気に突っ走りそうだ。三角哲男(東京)は今年2月の当地前回戦で7連勝完全Vを飾ったばかり。4月の宮島G1マスターズチャンピオンでは準優3着で優出こそ逃したものの、ベテランになってもその攻撃力は衰えておらず森高とともにシリーズを盛り上げるだろう。近況は優出が目立つ赤坂俊輔(長崎)や、SG初出場だった昨年8月の当地メモリアルで準優入り(6着)した山口裕二(長崎)の長崎支部コンビも侮れない。佐々木康幸(静岡)は優勝を飾った2017年5月の当地前回戦以来の参戦だ。A1復帰を果たした面々、山田雄太(静岡)、星野太郎(三重)、藤山雅弘(大阪)らも要注目。(データは5月12日現在)

注目の出走メンバー

三角  哲男
3256 三角  哲男 (東 京)
佐々木 康幸
3909 佐々木 康幸 (静 岡)
山口  裕二
3944 山口  裕二 (長 崎)
森高  一真
4030 森高  一真 (香 川)
山田  雄太
4150 山田  雄太 (静 岡)
赤坂  俊輔
4174 赤坂  俊輔 (長 崎)