BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

日本モーターボート選手会会長杯

7/
16
17
18
19

各日程の展望

1号艇ゲットの原田が中心。地元の片岡が差し逆転を狙う

予選トップの榎を含む4人が準優11RでF。予選2位で10Rを制した原田が1号艇を手に入れた。気配は変わらず良好。イン速攻で昨年7月の住之江以来のVを決める。地元の片岡が差して逆転を狙う。4カド公算の岡の一発は要警戒。

12Rの出走メンバー

原田  秀弥
3963 原田  秀弥 (大 阪)
片岡  雅裕
4459 片岡  雅裕 (香 川)
大澤  普司
3740 大澤  普司 (群 馬)
岡   祐臣
4261 岡   祐臣 (三 重)
吉島  祥之
4215 吉島  祥之 (愛 知)
東   潤樹
4574 東   潤樹 (広 島)

総展望

前本が当地前回戦のリベンジに燃える。地元期待の片岡も激走必至だ

ボートレースまるがめの「日本モーターボート選手会会長杯」は7月16日から19日まで4日間の短期決戦で行われる。唯一のSG覇者の前本泰和(広島)が主役を務める。当地実績もNo.1でこれまで12優出して優勝7回とVを量産中。昨年11月の前回戦は優勝戦1号艇で惜しくも2着に敗れており、今回はそのリベンジに燃えているだろう。もちろん地元の片岡雅裕(香川)も黙ってはいない。今年の正月戦でV。GW戦は優出4着だったが、森高一真ら強豪相手に互角の走りをみせた。8月の大村SGボートレースメモリアルには重成一人とともに香川支部の代表として臨むが、その前に何としても地元で結果を出しておきたいところだ。須藤博倫(埼玉)は6月の児島で今年3回目の優勝を飾った。今回はF休み明け初戦となるが、実力的にも侮れない存在だろう。またデビュー通算1494勝で区切りの1500勝がみえてきた村田修次(東京)も注目。その他では岡村仁(大阪)や、進入から自在に立ち回る西川昌希(三重)。榎幸司(長崎)、岡祐臣(三重)らも期待十分だ。(データは6月25日現在)

注目の出走メンバー

前本  泰和
3573 前本  泰和 (広 島)
村田  修次
3826 村田  修次 (東 京)
須藤  博倫
3983 須藤  博倫 (埼 玉)
岡村   仁
4311 岡村   仁 (大 阪)
片岡  雅裕
4459 片岡  雅裕 (香 川)
西川  昌希
4559 西川  昌希 (三 重)