BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

サッポロビールカップ2019

8/
3
4
5
6

各日程の展望

強パワーを誇る関と橋本の群馬支部勢でワンツー決着だ

準優1号艇トリオの中で唯一勝ち上がってきた関が当地初優出Vへ王手をかけた。足は仕上がっており、準優9R再現の逃げが濃厚だ。橋本は今節2コースから3戦2勝。ハイパワーを発揮し逆転Vをもくろむ。宮地、川島も連圏内。

12Rの出走メンバー

関   浩哉
4851 関   浩哉 (群 馬)
橋本  久和
3475 橋本  久和 (群 馬)
宮地  元輝
4445 宮地  元輝 (佐 賀)
川島  圭司
4254 川島  圭司 (滋 賀)
田山  和広
3537 田山  和広 (福 岡)
里岡  右貴
4351 里岡  右貴 (福 岡)

総展望

地力上位の湯川が当地初優勝へ突き進む。倉谷、宮地元らもVを争う

ボートレースまるがめの「サッポロビールカップ2019」は3日から6日まで4日間にわたって熱戦が展開される。SGV4の実績を誇る湯川浩司(大阪)と、倉谷和信(大阪)の大阪支部コンビが短期決戦を引っ張りそうだ。湯川は優勝こそ昨年9月のとこなめ一般戦から遠ざかっているものの、今年はすでに10優出。その中には2月の住之江・近畿地区選手権(3着)、6月の桐生・63周年(5着)と住之江・63周年(3着)のG1が含まれており一般戦なら地力の違いをみせるだろう。当地は目下、3連続優出中(6→6→2着)。格上の走りで当地初&今年初Vへ突き進む。当地V2を挙げている倉谷は現在も3連続で優勝戦へ駒を進めている(5→6→3着)。果敢なコース取りも含め進入からベテランらしい走りを披露する。宮地元輝(佐賀)は自慢のスタート力を武器に大暴れしそう。6月の福岡一般戦から3場所連続で優出(V→2→3着)するなどリズムは良好だ。森永淳(佐賀)、青木玄太(滋賀)、岡村慶太(福岡)も地力十分でV候補に挙げておきたい。その他、橋本久和(群馬)、伊藤誠二(愛知)、関浩哉(群馬)も注目の存在だ。(データは7月13日現在)

注目の出走メンバー

倉谷  和信
3290 倉谷  和信 (大 阪)
湯川  浩司
4044 湯川  浩司 (大 阪)
森永   淳
4072 森永   淳 (佐 賀)
宮地  元輝
4445 宮地  元輝 (佐 賀)
青木  玄太
4448 青木  玄太 (滋 賀)
岡村  慶太
4545 岡村  慶太 (福 岡)