BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

Bカードメンバー大感謝祭 日本トーター杯

3/
30
31
4/
1
2
3

各日程の展望

40%超えの好セットを手にした服部のイン戦が中心だ

服部がエンジン、ボートともに40%超えの好セットを引き当てた。前検タイムも4位タイの6秒66とよかっただけに素直に押し切りに期待。エンジン複勝率3位の7号機を手にした角谷が差し逆転を狙う。仲口、原田も連圏内。

12Rの出走メンバー

服部  幸男
3422 服部  幸男 (静 岡)
角谷  健吾
3613 角谷  健吾 (東 京)
川崎  智幸
3300 川崎  智幸 (岡 山)
仲口  博崇
3554 仲口  博崇 (愛 知)
原田  秀弥
3963 原田  秀弥 (大 阪)
川原  祐明
4852 川原  祐明 (香 川)

総展望

今期勝率7点台の仲口が主役を務める

ボートレースまるがめの「Bカードメンバー大感謝祭 日本トーター杯」は、3月30日に開幕(4月3日まで)。実力伯仲で混戦ムードが漂うが、今期勝率(昨年11月から今年4月まで)で唯一、7点台(7.69)に乗せている仲口博崇(愛知)に期待したい。まるがめは久々だが、目下の充実ぶりならなんら問題はないだろう。原田秀弥(大阪)、秦英悟(大阪)の大阪支部コンビも活躍が楽しみな存在だ。原田は当地で3連続優出中(4、3、1着)。昨年7月の前回戦ではオール2連対の好成績でVを飾っており、水面相性は文句なし。秦は先月の尼崎近畿地区選手権で自身2回目のG1優出(4着)を果たすなど、リズム良好だ。地元・平和島のクラシック出場はかなわなかった角谷健吾(東京)だが、一般戦なら力量上位。服部幸男(静岡)、烏野賢太(徳島)、川崎智幸(岡山)のベテラン勢も侮れない。特に烏野は当地G1V2で実績十分だ。君島秀三(滋賀)もスピード満点の走りでシリーズを盛り上げそう。小野寺智洋(香川)と川原祐明(香川)は地元の意地をみせたいところ。角ひとみ(広島)、落合直子(大阪)の女子もシリーズに花を添える。(データは3月12日現在)

注目の出走メンバー

仲口  博崇
3554 仲口  博崇 (愛 知)
原田  秀弥
3963 原田  秀弥 (大 阪)
秦   英悟
4427 秦   英悟 (大 阪)
角谷  健吾
3613 角谷  健吾 (東 京)
服部  幸男
3422 服部  幸男 (静 岡)
烏野  賢太
3304 烏野  賢太 (徳 島)