BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

RNC杯争奪 サマーチャンピオンレース

8/
15
16
17
18
19
20

各日程の展望

石丸がイン速攻を決めて地元2回目の優勝を飾る

予選トップの石丸は準優11Rを逃げ快勝。スタート後に他艇を突き放すなどパワーは抜群だ。今節3戦3勝のインから押し切って今年初Vを成し遂げる。片岡、木村で次位を争うが、地元エースの森高も意地の走りをみせるか。

12Rの出走メンバー

石丸  海渡
4772 石丸  海渡 (香 川)
木村  光宏
3568 木村  光宏 (香 川)
福田  雅一
3543 福田  雅一 (香 川)
片岡  雅裕
4459 片岡  雅裕 (香 川)
森高  一真
4030 森高  一真 (香 川)
近江  翔吾
4643 近江  翔吾 (香 川)

総展望

森高が地元のエースの貫禄を誇示する!

ボートレースまるがめの「RNC杯争奪サマーチャンピオンレース」は15日から20日まで6日間にわたり熱戦が展開される。今年もまるがめを代表して第66回ボートレースメモリアル(下関)へ参戦する森高一真(香川)を中心に推す。最近は地元戦でも準優での脱落が続き精彩を欠いているが、地力は当然ながら一枚上。昨年11月の当地67周年以来となる地元Vを飾って、この後の大一番へ弾みをつける。片岡雅裕(香川)もメモリアル出場を控えており、森高同様に結果にこだわりたいところ。今年2月の当地・四国地区選手権を制した中岡正彦(香川)もV候補の一角に名を連ねる。今年8優出V4と好調な平山智加(香川)も要注目。オールレディースとヴィーナスシリーズで暴れ回っているが、むろん男子相手でもヒケは取らない。今期(今年5月から)に入って4優出(4・4・4・3着)と好ペースを刻む秋山広一(香川)、地元で2連続優出中(4・3着)の石丸海渡(香川)も勢いは十分だ。平高奈菜(香川)、宮崎奨(香川)、中田元泰(香川)、近江翔吾(香川)、中村晃朋(香川)も侮れない。(データは7月25日現在)

注目の出走メンバー

森高  一真
4030 森高  一真 (香 川)
片岡  雅裕
4459 片岡  雅裕 (香 川)
中岡  正彦
3849 中岡  正彦 (香 川)
平山  智加
4387 平山  智加 (香 川)
秋山  広一
3837 秋山  広一 (香 川)
石丸  海渡
4772 石丸  海渡 (香 川)