BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

サッポロビールカップ2020

8/
24
25
26
27
28

各日程の展望

秋山が逃げて今年6回目のVを飾る。一発の魅力なら黒柳だ

秋山は準優11Rを逃げ快勝し絶好枠をつかみ獲った。ドリーム、準優と勝負所のインはしっかりと勝っており、最後も中心期待だ。準優9Rで6コースまくりを決めた黒柳がパワーで逆転を狙う。展開を突く河村、山口も要警戒。

12Rの出走メンバー

秋山  直之
3996 秋山  直之 (群 馬)
森永   隆
4703 森永   隆 (山 口)
黒柳  浩孝
4161 黒柳  浩孝 (愛 知)
河村   了
4308 河村   了 (愛 知)
山口   剛
4205 山口   剛 (広 島)
加藤  高史
3445 加藤  高史 (埼 玉)

総展望

SG覇者で当地好相性の山口剛が主役を務める

ボートレースまるがめの「サッポロビールカップ2020」は24日から28日まで5日間にわたって熱戦が繰り広げられる。主力勢は一般戦とは思えない豪華なメンバーがそろった。その筆頭がSG覇者の山口剛(広島)だ。今年7月の鳴門オーシャンカップで約6年半ぶりのSG優出(4着)を果たすなど、改めて存在感を示した。当地はG1初Vだった2008年1月の新鋭王座決定戦と同年6月の56周年を制しており、相性と水面実績は文句なし。貫禄の走りで勝利の美酒に酔うか。抜群の旋回スピードを誇る秋山直之(群馬)も地力は上位。前田将太(福岡)、河村了(愛知)、吉村正明(山口)はいずれも当地前回戦で優勝を飾っていて、活躍の期待が膨らむ。中でも今年5月のMB大賞でG2初Vを果たした河村に熱視線を注ぎたい。男子顔負けの走りをみせる小野生奈(福岡)や、F2ながら8月の芦屋オールレディースで今年初Vを飾った日高逸子(福岡)も侮れない。8月に当地を走ったばかりの古田祐貴(香川)は地元の牙城を守りたいところ。他にも渡邉和将(岡山)、藤山翔大(大阪)、森永隆(山口)、高倉和士(福岡)も軽視禁物だ。(データは8月3日現在)

注目の出走メンバー

山口  剛
4205 山口  剛 (広 島)
秋山 直之
3996 秋山 直之 (群 馬)
河村  了
4308 河村  了 (愛 知)
前田 将太
4504 前田 将太 (福 岡)
吉村 正明
4108 吉村 正明 (山 口)
小野 生奈
4530 小野 生奈 (福 岡)