BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

マンスリーBR杯争奪 誰が勝っても丸亀初優勝

8/
31
9/
1
2
3
4

各日程の展望

山田が1号艇をゲット。一気の逃げで当地初Vを飾る

予選首位の山田は準優11Rをインからコンマ06のトップSで逃げ快勝し、絶好枠を勝ち獲った。動きは変わらず出足系統が良好。一気の逃げで当地初Vを果たす。2コースから差す平田が次位筆頭。杉江、鶴本も連下なら。

12Rの出走メンバー

山田  祐也
4757 山田  祐也 (徳 島)
平田 健之佑
4470 平田 健之佑 (三 重)
杉江  浩明
4035 杉江  浩明 (愛 知)
鶴本  崇文
4384 鶴本  崇文 (大 阪)
山口  修路
4367 山口  修路 (福 岡)
入海   馨
4886 入海   馨 (岡 山)

総展望

君島、仲口、山田らが当地初Vを懸けて激突!!

ボートレースまるがめの「マンスリーBOAT RACE杯争奪 誰が勝っても丸亀初優勝」は、31日から来月4日までの5日間シリーズ。当地優出回数で出場メンバー最多の8回を数える君島秀三(滋賀)を主役に推す。今年4月の一般戦では予選をトップ通過。準優も逃げ快勝して優勝戦1号艇をつかみ取ったものの、結果は3着。その後の6月も準優3着、今度こそと気合を入れて臨むはず。近況のリズムは8月のびわこ68周年で自身2回目のG1優出(2着)するなど上向き。持ち前のスタート力を発揮して当地で〝初笑い〟する。SG覇者の仲口博崇(愛知)は前期勝率(昨年11月~今年4月まで)で唯一7点台(7.31)をマークと地力は確実に上位。F休み明け3節目で〝エンジン全開〟といくか。当地で行われた今年2月の四国地区選手権でG1優出(2着)している山田祐也(徳島)も十分に優勝を狙える存在だ。攻撃力抜群の水摩敦(福岡)、巧みな走りが光る矢後剛(東京)、今年6月の当地前回戦で優出2着だった吉川喜継(滋賀)も好勝負必至だ。他にもA1復帰ペースを刻む中村亮太(長崎)や、鶴本崇文(大阪)、南佑典(三重)も侮れない。(データは8月9日現在)

注目の出走メンバー

君島 秀三
4137 君島 秀三 (滋 賀)
仲口 博崇
3554 仲口 博崇 (愛 知)
山田 祐也
4757 山田 祐也 (徳 島)
水摩  敦
4413 水摩  敦 (福 岡)
矢後  剛
3347 矢後  剛 (東 京)
吉川 喜継
4218 吉川 喜継 (滋 賀)