BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

GⅢ

GⅢ第30回JR四国ワープ杯競走

11/
4
5
6
7
8
9

各日程の展望

インで主導権は譲らない。GP覇者の田中が中心だ

現在はB1級ながら来年1月からA1復帰を決めているSG覇者の田中のイン戦が中心。次位は中野と西島、そして前検2位タイの6.61をマークした地元の片岡が争う。4カドとなる稲田のスタート攻勢も当然、侮れない。

12Rの出走メンバー

田中 信一郎
3556 田中 信一郎 (大 阪)
西島  義則
3024 西島  義則 (広 島)
中野  次郎
4075 中野  次郎 (東 京)
稲田  浩二
4290 稲田  浩二 (兵 庫)
片岡  雅裕
4459 片岡  雅裕 (香 川)
藤原 啓史朗
4762 藤原 啓史朗 (岡 山)

総展望

地元の片岡が地の利を発揮して強力・遠征陣を撃破する!

ボートレースまるがめの「G3第30回JR四国ワープ杯競走」(4-9日)は西島義則(広島)、平石和男(埼玉)、田中信一郎(大阪)、平尾崇典(岡山)、長田頼宗(東京)のSG覇者に加えて今年9月の宮島66周年で通算2回目のG1Vを飾った稲田浩二(兵庫)ら好メンバーがそろった。優勝争いは混戦ムードが漂うが、地の利を生かす片岡雅裕(香川)に期待する。今年はここまで10優出してV4。地元11回目の優勝を飾って来年3月の福岡ボートレースクラシックのSG出場権獲得へ前進したいところだ。稲田は前述の宮島G1を含めて今年V7と絶好調。最大の武器であるスタート力を発揮して暴れ回り、ライバルに勢いの違いをみせつけるか。当地53周年覇者の平尾は今年8月に続き丸亀連覇を狙う。当地でSGとG1を1回ずつ勝っている西島やGPV3の実績を誇る田中ももちろんV有力候補だ。今年1月の第29回大会で準優勝だった長田はもう一つ上を狙っての参戦。ほかにも坂口周(三重)、吉田俊彦(兵庫)、中野次郎(東京)、河合佑樹(静岡)、山本修一(岡山)、藤原啓史朗(岡山)も活躍が楽しみな存在だ。(データは10月14日現在)

注目の出走メンバー

片岡  雅裕
4459 片岡  雅裕 (香 川)
稲田  浩二
4290 稲田  浩二 (兵 庫)
平尾  崇典
3822 平尾  崇典 (岡 山)
西島  義則
3024 西島  義則 (広 島)
田中 信一郎
3556 田中 信一郎 (大 阪)
長田  頼宗
4266 長田  頼宗 (東 京)