BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

マンスリーBOATRACE杯

8/
26
27
28
29
30
31
9/
1

各日程の展望

1号艇の杉山を含む”愛知カルテット”がVを争う

杉山が準優11Rを逃げ切り絶好枠を手にした。仕上がりは変わらず行き足中心に良好。今節3戦3勝と負けなしのインから押し切って今年初優勝を飾る。SG覇者で4場所連続Vへ挑む赤岩が差し逆転を狙う。坂元、中山も連圏内。

12Rの出走メンバー

杉山  裕也
4269 杉山  裕也 (愛 知)
赤岩  善生
3946 赤岩  善生 (愛 知)
坂元  浩仁
4409 坂元  浩仁 (愛 知)
中山  雄太
4650 中山  雄太 (愛 知)
石田  政吾
3635 石田  政吾 (福 井)
町田  洸希
4969 町田  洸希 (長 崎)

総展望

地力上位で近況も好調な赤岩が主役を譲らない

ボートレースまるがめの「マンスリーBOATRACE杯」は26日から9月1日まで7日間にわたり熱戦が展開される。中心はSGV1、G1V6の実績を誇る赤岩善生(愛知)。前期勝率(昨年11月から今年4月)は出場メンバーで唯一の7点台(7.35)をマーク、近況も7月からつ、8月蒲郡で2場所連続Vと一般戦では明らかに格上の存在。当地3回目の優勝を狙う今シリーズも主導権は譲らない。荒井輝年(岡山)は6月の宮島で今年2回目のVを飾るなど、勢いは上向き。当地も目下2連続優出中(2、4着)だ。6月の蒲郡66周年でフライングを切った岡村仁(大阪)は今節が30日のF休み明け初戦となるが、実力を考えれば軽視はできない。今期(今年5月から)5優出V2と好リズムを刻む田中和也(大阪)も要注目。当地で3連続優出中(1、3、6着)の中辻崇人(福岡)は水面相性のよさを生かして活躍を狙う。今年2月の「楽天銀行杯」でデビュー初優勝を飾った木谷賢太(香川)が地元の期待を背負って遠征勢に立ち向かう。その他にも石倉洋行(福岡)、杉山裕也(愛知)、坂元浩仁(愛知)、鶴本崇文(大阪)もシリーズを盛り上げる。(データは8月5日現在)

注目の出走メンバー

赤岩  善生
3946 赤岩  善生 (愛 知)
荒井  輝年
3685 荒井  輝年 (岡 山)
岡村   仁
4311 岡村   仁 (大 阪)
田中  和也
4357 田中  和也 (大 阪)
中辻  崇人
3876 中辻  崇人 (福 岡)
木谷  賢太
4931 木谷  賢太 (香 川)