BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

日本モーターボート選手会会長杯

9/
13
14
15
16
17
18

各日程の展望

当地初優勝に燃える榎が気合のイン戦を披露する

準優1号艇トリオの中で唯一勝ち上がってきた榎が絶好枠を手にした。西島の前ヅケがあるため楽なインは見込めないが、当地初優勝がかかっているだけに気合のスタートで逃走を狙う。好配当を狙うなら伸び強力な西村の一発だ。

12Rの出走メンバー

榎   幸司
4171 榎   幸司 (長 崎)
西村  豪洋
4565 西村  豪洋 (愛 知)
森定  晃史
4172 森定  晃史 (岡 山)
杉田  篤光
4076 杉田  篤光 (静 岡)
黒柳  浩孝
4161 黒柳  浩孝 (愛 知)
西島  義則
3024 西島  義則 (広 島)

総展望

SGV7の実績を誇る西島が主役を務める

ボートレースまるがめの「日本モーターボート選手会会長杯」は13日に開幕(18日まで)。当地で開催された1998年のクラシックを含めSGV7、G1V16と断トツの実績を誇る西島義則(広島)が中心だ。10月の誕生日で60歳となるが、まだまだ元気いっぱい。これまで通り積極果敢なコース取りで一昨年12月の尼崎マスターズリーグ以来の優勝を狙う。石橋道友(長崎)は今年6月の当地前回戦で準パーフェクトVを飾ったばかり。手にしたエース機の64号機の"恩恵"ももちろん大きかったが、一般戦なら実力上位なだけに今節も楽しみ十分だ。SG覇者の佐々木康幸(静岡)は30日のフライング休み明け2節目。今期は若干リズムが悪かったが、これまで3回優勝を飾っている当地で何とか流れを変えたい。初日(13日)に39歳のバースデーを迎える榎幸司(長崎)は安定感の増した走りでV争いに加わる。今年7月からA1復帰した清水敦揮(岡山)や、森定晃史(岡山)の岡山コンビも要注目。他にも渡邉英児(静岡)、当地3連続優出中(2、3、6着)の川野芽唯(福岡)も侮れない。(データは8月22日現在)

注目の出走メンバー

西島  義則
3024 西島  義則 (広 島)
石橋  道友
4096 石橋  道友 (長 崎)
佐々木 康幸
3909 佐々木 康幸 (静 岡)
榎   幸司
4171 榎   幸司 (長 崎)
清水  敦揮
4051 清水  敦揮 (岡 山)
森定  晃史
4172 森定  晃史 (岡 山)