BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

スポーツニッポンカップ

9/
23
24
25
26
27

各日程の展望

進入から激戦ムードが漂う中、平山がイン死守して逃走V

絶好枠が転がり込んだ地元の平山が中心だ。準優10Rでは今節最速タイムをマークするなど、動きは文句なし。インから気合の逃走劇で5月の当地ヴィーナスS以来、今年2回目の優勝をつかむ。次位は白井、安河内らで激戦だ。

12Rの出走メンバー

平山  智加
4387 平山  智加 (香 川)
安河内  将
4734 安河内  将 (佐 賀)
白井  英治
3897 白井  英治 (山 口)
山地  正樹
3933 山地  正樹 (岡 山)
石川  真二
3473 石川  真二 (福 岡)
池本  輝明
3282 池本  輝明 (広 島)

総展望

地力上位の白井が主役の座は譲らない

ボートレースまるがめの「スポーツニッポンカップ」は23日に開幕(27日まで)。SGV2、G1V12の実績を誇る白井英治(山口)が堂々の主役だ。今年はこれまで5月の若松オールスター(3着)、6月の児島グラチャン(4着)、8月の蒲郡メモリアル(3着)とSGで3優出しており、リズムは良好。当地は7月の全国ボートレース甲子園で準優3着と惜敗したが、最終日はしっかり連勝を飾るなど意地はみせた。抜群の攻撃力に加え、師匠の今村豊さんが「道中のさばきは一番」と太鼓判を押すレース巧者ぶりも発揮してVまで突き進む。山地正樹(岡山)と塩田北斗(福岡)はともに当地優勝こそ1回ずつだが、近況はほぼ優勝戦に進むなど相性は抜群。まず山地は今年5月「YouTube番組・ウチまる1周年記念」こそ準優で3着に敗れたが、それまで5連続優出(2、5、5、2、3着)。塩田は目下4連続優出中(4、5、5、2着)だけに水面を味方につけて少しでも白井の牙城を崩したい。進入から勝負をかける石川真二(福岡)、地元の平山智加(香川)、高野哲史(兵庫)、安河内将(佐賀)、川崎智幸(岡山)もV候補の一角だ。(データは9月1日現在)

注目の出走メンバー

白井  英治
3897 白井  英治 (山 口)
山地  正樹
3933 山地  正樹 (岡 山)
塩田  北斗
4566 塩田  北斗 (福 岡)
石川  真二
3473 石川  真二 (福 岡)
平山  智加
4387 平山  智加 (香 川)
高野  哲史
4512 高野  哲史 (兵 庫)