BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

スカパー!・JLC杯争奪 ルーキーシリーズ第16戦

9/
30
10/
1
2
3
4
5

各日程の展望

石丸が準優再現の逃走劇で地元2回目のVを飾る

予選トップの石丸は準優11Rをきっちりと逃げ快勝した。仕上がりは行き足中心に良好。走り慣れた地元で再び華麗な逃走劇を披露してデビュー通算99回目の優勝を飾る。準優で波乱を演出した高橋、末永や近江、鈴谷が次位を争う。

12Rの出走メンバー

石丸  海渡
4772 石丸  海渡 (香 川)
高橋  竜矢
5015 高橋  竜矢 (広 島)
末永  和也
5084 末永  和也 (佐 賀)
鈴谷  一平
4877 鈴谷  一平 (兵 庫)
近江  翔吾
4643 近江  翔吾 (香 川)
入海   馨
4886 入海   馨 (岡 山)

総展望

石丸、近江ら地元勢がシリーズを席捲する

ボートレースまるがめの「スカパー!・JLC杯争奪ルーキーシリーズ第16戦 京極若武者決戦」は30日に開幕(10月5日まで)。総勢11人の香川支部勢が地の利を発揮して他地区のライバルを圧倒しそうなムードが漂う。その中でもオーバーエージ枠の石丸海渡(香川)、近江翔吾(香川)、竹田和哉(香川)が〝地元3本柱〟だろう。まずは石丸。今年2月の当地・四国地区選は準優3着だったが、3月三国周年でG1初優出。新期勝率は7点に迫り、期待が最も大きい。登録番号が一番上の近江は経験の豊富さとシャープなターンを武器に当地4回目の優勝を狙う。第4戦・とこなめで優勝を飾っている竹田は地元でさらに力を発揮するタイプだ。当地は最近5節で4優出。ファイナル入りを逃したのは今年の四国地区選手権(準優3着)だけと実力的にも申し分なしだ。地元勢以外も好メンバーがずらり。一昨年の最優秀新人の宮之原輝紀(東京)や、吉田裕平(愛知)、黒野元基(愛知)らトップルーキーの走りからも目が離せない。第3戦・尼崎を含め今年V2の入海馨(岡山)や、当地で目下2連続優出中(4、2着)の板橋侑我(静岡)も要注目だ。(データは9月9日現在)

注目の出走メンバー

石丸  海渡
4772 石丸  海渡 (香 川)
近江  翔吾
4643 近江  翔吾 (香 川)
竹田  和哉
4776 竹田  和哉 (香 川)
宮之原 輝紀
4939 宮之原 輝紀 (東 京)
吉田  裕平
4914 吉田  裕平 (愛 知)
黒野  元基
4960 黒野  元基 (愛 知)