BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

誰が勝っても丸亀初優勝!第11回琴参バスカップ

10/
26
27
28
29
30
31

各日程の展望

SGV6の井口と前検一番時計マークの菅が激突

SGV6と抜群の実績を誇る井口がインで主導権を握るが、6秒55と断トツの前検タイムをマークした菅の攻めも単は互角。2連対率40%越えの52号機を手にした安河内は菅に連動する形で浮上を狙う。三井所も連下なら。

12Rの出走メンバー

井口  佳典
4024 井口  佳典 (三 重)
君島  秀三
4137 君島  秀三 (滋 賀)
三井所 尊春
4101 三井所 尊春 (佐 賀)
下條 雄太郎
4352 下條 雄太郎 (長 崎)
菅   章哉
4571 菅   章哉 (徳 島)
安河内  将
4734 安河内  将 (佐 賀)

総展望

実績断トツの井口が当地初優勝へ突き進む

ボートレースまるがめの「誰が勝っても丸亀初優勝! 第11回琴参バスカップ」は26日に開幕。最終日が期末の31日に行われるため、当地初優勝の行方に加えて各級の勝負駆けにも注目したい。まずシリーズの主役だが、SGV6、G1V15と断トツの実績を誇る井口佳典(三重)で文句なし。当地は優勝こそ飾っていないが、目下G1で2連続優出中(ともに3着)。SGでも2度優勝戦まで進出しており、水面相性は決して悪くない。いつも通り気合の走りで当地初Vまで一直線に突き進む。今年絶好調の菅章哉(徳島)が井口の独走に待ったをかけるか。伸び型の調整を手の内に入れ、今期勝率は7.25で過去最高ペースを刻む。今年これまでの優勝回数は5回。目標のSG初出場へ向けてさらなるV加算をもくろむ。今期勝率6.30の三井所尊春(佐賀)、同6.24の上村純一(群馬)はA1キープへ気合の走りをみせる。君島秀三(滋賀)や安河内将(佐賀)も持ち前の攻撃力を発揮しシリーズを盛り上げる。主力勢以外にも前期F2で今期出走回数不足ながら地力十分な水摩敦(福岡)や今期勝率6.40でA1復帰を狙う木村仁紀(滋賀)も侮れない。(データは10月6日現在)

注目の出走メンバー

井口  佳典
4024 井口  佳典 (三 重)
菅   章哉
4571 菅   章哉 (徳 島)
三井所 尊春
4101 三井所 尊春 (佐 賀)
上村  純一
4645 上村  純一 (群 馬)
君島  秀三
4137 君島  秀三 (滋 賀)
安河内  将
4734 安河内  将 (佐 賀)