BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

サンケイスポーツカップ

11/
5
6
7
8
9

各日程の展望

地元の深川が準優再現の逃走劇で4回目のVを飾る

予選トップの深川は準優11Rを逃げ快勝。仕上がりは変わらず良好。最後も一気の逃走劇で2017年8月のまるがめ以来となる通算4回目のVを飾る。3日目後半から3連勝で勝ち上がった林と松村や、赤岩が逆転Vを狙う。

12Rの出走メンバー

深川  和仁
4220 深川  和仁 (香 川)
林   美憲
3743 林   美憲 (徳 島)
松村   敏
4236 松村   敏 (福 岡)
木村  亮太
4648 木村  亮太 (兵 庫)
赤岩  善生
3946 赤岩  善生 (愛 知)
池田  雄祐
4526 池田  雄祐 (愛 知)

総展望

一般戦なら鬼 赤岩が貫禄の走りをみせる

ボートレースまるがめの「サンケイスポーツカップ」は5日に開幕(9日まで)。SGV1、G1V6の実績を誇る赤岩善生(愛知)が主役を務める。今年はこれまで16優出してV5。昨年はV1(11優出)と精彩を欠いたが、本来の走りが戻ってきている感じだ。一般戦では3月の蒲郡から12場所連続優出中で、その中には当地前回戦の「マンスリーBOATRACE杯」(優出3着)も含まれている。"一般戦の鬼"と化した赤岩が今シリーズも貫禄の走りを披露するだろう。優勝を飾った10月の「BTS西予開設6周年記念」に続き、再び参戦する林美憲(徳島)も互角の優勝争いを演じそう。当地はG1通算V3のうち、V2(ともに四国地区選手権)を挙げており、水面相性は文句なしだ。地元SG覇者の三嶌誠司(香川)は衰えをみせない軽快なターンで遠征陣を迎え撃つ。抜群のスタート力を誇る松村敏(福岡)や当地2連続優出中(転覆、2着)の古結宏(兵庫)、ベテラン長溝一生(佐賀)もV候補の一角だ。前期F2と苦しみながらもA1復帰濃厚の片橋幸貴(滋賀)や4月大村以来の実戦となる中村亮太(長崎)も注目したい。(データは10月14日現在)

注目の出走メンバー

赤岩  善生
3946 赤岩  善生 (愛 知)
林   美憲
3743 林   美憲 (徳 島)
三嶌  誠司
3541 三嶌  誠司 (香 川)
松村   敏
4236 松村   敏 (福 岡)
古結   宏
4002 古結   宏 (兵 庫)
長溝  一生
3522 長溝  一生 (佐 賀)