BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

GⅢ

GⅢ第31回JR四国ワープ杯競走

1/
27
28
29
30
31
2/
1

各日程の展望

初日ドリーム覇者の森高がインから貫禄の逃走劇を披露

初日からオール3連対と貫禄の走りを披露している地元エースの森高を信頼したい。仕上がりは出足系統が良好。インから押し切ったドリーム戦再現の走りで白星加算する。鶴本の4カド戦を次位筆頭に推すが、柴田、有賀も僅差だ。

12Rの出走メンバー

森高  一真
4030 森高  一真 (香 川)
葛原  大陽
4596 葛原  大陽 (徳 島)
有賀  達也
4428 有賀  達也 (埼 玉)
鶴本  崇文
4384 鶴本  崇文 (大 阪)
柴田  直哉
4892 柴田  直哉 (福 岡)
横川  聖志
4359 横川  聖志 (徳 島)

総展望

地元エース森高ら記念タイトルホルダーが5人参戦

ボートレースまるがめの「G3第31回JR四国ワープ杯競走」は27日に開幕(2月1日まで)。SG覇者の森高一真(香川)、佐々木康幸(静岡)ら記念タイトルホルダーが5人参戦し、激しいバトルを繰り広げる。中心は地元エースの森高。正月当地の「市長杯争奪BOATRACEまるがめ大賞」は優出2着。今年初優勝こそ逃したが、節間を通して存在感のある走りをみせた。「まるがめ大賞」を制した中田元泰(香川)とともに調整面のアドバンテージを発揮して遠征陣を迎え撃つ。その遠征陣では本格化ムードが漂う秦英悟(大阪)に注目したい。昨年は15優出してV6。10月の平和島ダービーでは優出2着と気を吐いた。切れ味の増した旋回力を武器に当地2度目の優勝を狙う。昨年10月の「誰が勝っても丸亀初優勝! 第11回琴参バスカップ」で優勝した菅章哉(徳島)はしっかりと伸びを仕上げて当地連続Vへ挑む。まるがめで3連続優出中(3、3、6着)の秋山直之(群馬)を含め、齊藤仁(東京)、佐々木康幸(静岡)らタイトルホルダー3人もV争い。ほかでは鶴本崇文(大阪)、西野雄貴(徳島)も侮れない。(データは1月4日現在)

注目の出走メンバー

森高  一真
4030 森高  一真 (香 川)
秦   英悟
4427 秦   英悟 (大 阪)
菅   章哉
4571 菅   章哉 (徳 島)
秋山  直之
3996 秋山  直之 (群 馬)
齊藤   仁
3978 齊藤   仁 (東 京)
佐々木 康幸
3909 佐々木 康幸 (静 岡)