BOATRACE 丸亀 15#

まちづくりのお手伝い!!~ボートレース事業の収益は住民福祉の向上に役立てています~

レース展望

一般

スポーツニッポンカップ

9/
12
13
14
15

各日程の展望

絶好枠が転がり込んだ上條がイン速攻で今年2度目のVだ

準優1号艇トリオの中で唯一、1着で勝ち上がった上條が絶好枠を手にした。仕上がりは威張れないが、準優再現の逃げで優勝を飾って多摩川ヤングダービーへ弾みをつける。中のセンター戦や高橋の好位戦、予選トップの松山が相手だ。

12Rの出走メンバー

上條  暢嵩
4719 上條  暢嵩 (大 阪)
高橋  正男
4133 高橋  正男 (兵 庫)
中   亮太
5029 中   亮太 (福 岡)
川北  浩貴
3606 川北  浩貴 (滋 賀)
宮地  秀祈
3742 宮地  秀祈 (福 岡)
松山  将吾
4828 松山  将吾 (滋 賀)

総展望

大村クラシックで準優勝の上條暢嵩が主役だ

ボートレースまるがめの「スポーツニッポンカップ」は12日から15日まで4日間の短期シリーズで行われる。G1覇者で今年3月の大村クラシックでSG初優出(2着)を果たした上條暢嵩(大阪)が主役。大村SG後に走った当地前回戦の「Bカードメンバー大感謝祭・日本トーター杯」は準優勝だったが、今回こそ当地2度目のVへ突き進む。その「Bカードメンバー大感謝祭・日本トーター杯」で当地初Vを飾った古結宏(兵庫)は6月の「PayPay銀行杯」でも優出(2着)しており、今回も活躍は必至。今年はここまでV3とリズムも良好だ。前期F2で現在はA2級の野中一平(愛知)だが、5月以降の今期はA1復帰ペースを刻んでおり、実力は十分。今期分のF休み明け3節目でスタート力を生かした本来の走りがみられそうだ。一般戦なら地力上位の岩瀬裕亮(愛知)、当地2連続Vへ挑む中村尊(埼玉)や、下寺秀和(広島)も主力の一角。地元勢では中越博紀(香川)と木村光宏(香川)。女子では向井美鈴(山口)と出口舞有子(愛知)に注目したい。(データは8月24日現在)

注目の出走メンバー

上條  暢嵩
4719 上條  暢嵩 (大 阪)
古結   宏
4002 古結   宏 (兵 庫)
野中  一平
4850 野中  一平 (愛 知)
岩瀬  裕亮
4604 岩瀬  裕亮 (愛 知)
中村   尊
4090 中村   尊 (埼 玉)
下寺  秀和
4771 下寺  秀和 (広 島)