BOATRACE 丸亀

レース展望

一般

最終日

四国新聞社杯

6/
1
2
3
4
5

各日程の展望

太田が王道Vへイン速攻を決める。吉川、石丸、白石が相手

予選トップの太田は準優11Rをインから逃げ快勝。ファイナルの絶好枠を手にした。仕上がりも良好で、最後も信頼のイン戦となりそうだ。相手は吉川と地元の石丸。4カドから豪快な攻めをみせそうな白石も連下には押さえたい。

12Rの出走メンバー

太田  和美
3557 太田  和美 (大 阪)
吉川  喜継
4218 吉川  喜継 (滋 賀)
石丸  海渡
4772 石丸  海渡 (香 川)
白石   健
3903 白石   健 (兵 庫)
中井  俊祐
4138 中井  俊祐 (大 阪)
石田  政吾
3635 石田  政吾 (福 井)

総展望

SGV7の太田がF休み明け初戦から激走

ボートレースまるがめの「四国新聞社杯」(1日から5日まで)はグランプリを含めSGV7(G1はV19)と断トツの実績を誇る太田和美(大阪)が主役を務める。〝アラフィフ世代〟となったが、まさに衰え知らずだ。当地はG1V3。60周年、61周年で連覇も成し遂げており、相性はいい。30日のフライング休み明け初戦から〝エンジン全開〟で今年地区選以来のVを狙う。太田に待ったをかけるとすれば、白石健(兵庫)と石田政吾(福井)か。白石は昨年17優出V5と活躍が目立ったが、現在も目下3連続優出(V、3、2着)するなど、安定感ばっちり。SG覇者の石田も今年すでに4優出V3と好ペースを刻む。君島秀三(滋賀)は当地2連続優出中(ともに3着)。今年4月の前回戦では優勝戦1号艇で敗れており、リベンジに燃えての参戦だ。地元の期待を背負う石丸海渡(香川)も奮闘しそう。昨年V5の三井所尊春(佐賀)も主力の一角。他では佐々木和伸(徳島)、吉川喜継(滋賀)や今年V2と好調な田路朋史(兵庫)にも注目。選手会長の上瀧和則(佐賀)もどんな走りか楽しみ。(データは5月11日現在)

注目の出走メンバー

太田  和美
3557 太田  和美 (大 阪)
白石   健
3903 白石   健 (兵 庫)
石田  政吾
3635 石田  政吾 (福 井)
君島  秀三
4137 君島  秀三 (滋 賀)
石丸  海渡
4772 石丸  海渡 (香 川)
三井所 尊春
4101 三井所 尊春 (佐 賀)