BOATRACE 丸亀 Beginコラボ

BOATRACE Marugame InstagramBOATRACE Marugame YouTube

レース展望

一般

最終日

誰が勝っても丸亀初優勝!日本財団会長杯

5/
24
25
26
27
28
29

各日程の展望

絶好枠を手にした西野が気合の逃走劇で当地初Vを飾る

西野は準優11R、インからコンマ09のトップSで逃げ快勝した。動きは変わらず行き足中心に良好。正木の前ヅケで楽な進入は見込めないが、気合の逃走劇で当地初Vを飾る。好パワーの津久井や地元の松尾が逆転Vを狙う。

12Rの出走メンバー

西野  雄貴
4812 西野  雄貴 (徳 島)
津久井 拓也
4420 津久井 拓也 (群 馬)
松尾   祭
4452 松尾   祭 (香 川)
正木  聖賢
3920 正木  聖賢 (広 島)
小羽  正作
3683 小羽  正作 (福 岡)
川崎  智幸
3300 川崎  智幸 (岡 山)

総展望

当地初Vを目指し西野雄貴、正木聖賢らが激戦演じる

ボートレースまるがめの「誰が勝っても丸亀初優勝!日本財団会長杯」は24日に開幕(29日まで)。一昨年2月当地の四国地区選手権競走でG1初優出(4着)している西野雄貴(徳島)が中心。2022年後期もあっさりA1の座をキープするなど一般戦に入れば実力、スピードともに上位の存在だ。正木聖賢(広島)は昨年12月の「大阪スポーツカップ」優勝戦1号艇で2着に惜敗。今年1月の「香川県中部広域競艇事業組合53周年記念」では準優で無念の転覆失格(選手責任外)となっただけに今度こそ、と気合を入れて臨むはずだ。一昨年の最優秀新人・前田篤哉(愛知)と中村日向(香川)のトップルーキーコンビは要警戒。G1を含めてこれまで当地で13優出しているベテランの川崎智幸(岡山)も侮れない。堀本和也(徳島)は持ち前のスタート力を発揮して大暴れするか。前期F2の野中一平(愛知)は今節が90日のF休み明け初戦でレース勘、スタート勘ともに不安を残す。地力強化した三浦洋次朗(愛知)や、小野勇作(佐賀)、濱本優一(大阪)、木下大將(福岡)、新田泰章(広島)も注目。(データは4月21日現在)

注目の出走メンバー

西野  雄貴
4812 西野  雄貴 (徳 島)
正木  聖賢
3920 正木  聖賢 (広 島)
前田  篤哉
4983 前田  篤哉 (愛 知)
中村  日向
5043 中村  日向 (香 川)
川崎  智幸
3300 川崎  智幸 (岡 山)
堀本  和也
4732 堀本  和也 (徳 島)